寝てる間に目的地へ!夜行バスのメリット・デメリット

【メリット】時間がたくさんできる!

やっぱり、せっかくの旅行なら旅先でしか体験できないことをしたり、みれない景色などたくさんみたいですよね。しかし、普通に電車などで行くとなると基本的に昼間の移動になってしまい、一日の半分、もしかしたら一日丸々移動に使ってしまいせっかくの観光の時間が短くなってしまいます。帰りも同じ交通手段だと旅行を楽しめる時間が減ってしまいますよね。でも、夜行バスなら前日の夜からバスに乗り、次の日の朝に目的地に!これなら朝から夜までめいっぱい旅行を満喫することができます!電車だったら時間なくて行けなかった場所も夜行バスを利用すれば行けるようになるかもしれません。 夜行バスを利用すると旅行を満喫できる時間がたくさんできます! 旅行をたくさん楽しみたい方には夜行バスがおすすめかもしれません。

【デメリット】休めないかも…

明日の朝には目的地!夜行バスの中でゆっくり休んで明日から楽しもう!と思いますが、思うように休めなかったり、なかなか寝付けなかったり…ということがあります。夜行バスの席自体はゆっくり休むことができるように工夫がされています。しかし、それでも座ったまま寝ないといけなかったり、他にも周りの人の話し声だったり、バスが走る音だったりと、いつもとは違う環境のため休めなかったり眠れなかったりする方もいます。眠れなかったら体調が悪くなってしまいせっかくの旅行もよくないものになってしまいます。 様々なメリットがありますが中にはこのようなデメリットもあります。 時間はあっても体調が悪くては楽しいものも楽しめません。 少しでも休めるように荷造や服装など工夫してみるのも良いですね。